健康でいるためにやっていること

若さや、丈夫な体で生まれたからと、むちゃをしてもひと眠りしたら治ってしまう私の体でした。
それが、50歳を過ぎたころから、治りづらくなり、行かなくても治ったのに、しょうがない、病院へ行こうとなりました。
病気は、1回の受診で、薬で治りました。ところが、5年後突然のめまいが。目を明ければ吐き気が、立ち上がることが出来ません。
横になって、目をつぶるだけで、何時間もかかり、やっと起き上がることがで来て病院へ行きました。
耳鼻科では、メヌエールだろうと薬を処方されました。眼科で動脈硬化がありますよ、内科へ行って下さいと言われ、内科へ。
その内科で喉のエコー検査をしてくださった技師が「甲状腺異常」を見つけてくれました。
だるいとか眠いとかは、病気だと思いませんよね。ただ、食べてる以上に体重が増加していく。体の芯が常に冷たい。これはなぜだろうとは、気になっていましたが。
橋本病とわかり、チラージンという薬を飲むようになったら、それらの症状が、スーッとなくなりました。
無茶出来た頃の快適な生活になりました。ただ、動脈硬化は、なったら元に戻らないと聞きました。今後ひどくならないように、予防をしていくです。
コレステロールの薬と食生活。
玉ねぎ、酢、セロリが苦手で、肉と野菜の比率が8:2でした。
玉ねぎ酢がいいと聞き、簡単酢で、毎日食べるようにしました。野菜は、温かいほうが量もとれ、胃にも良いというので、蒸したり炒めたりして以前より逆比率で食べるようにしました。最近は、納豆キナーゼが血管若返り、血栓を作りづらいと聞いたので、積極的にとっています。
倒れてから8年たった現在、なんと!血管年齢が実年齢より若くなりました。
8年前は「老けたねえ~」と言われたことが。今は「まだまだ若いのに」って、言われます。
運動は嫌いではないので、週一回フィットネスに行っています。
加齢での不具合は、たまにありますが、病気らしき症状ではないみたいです。
これからも、健康で長生きを目指して、これらを続けていこうと頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です